ハロウィン・学生ボランティア説明会を開催

2018年10月27日(土)の「第3回唐人町こどもハロウィン」まであと1週間。今年も100名の子どもたちが参加します。

みなさんが楽しく、そして障がいのあるお子さんたちも快適に参加していただけるように、大学生、高校生や一般募集のボランティアさん約50名が協力してくださいます。

10月21日(日)に学生ボランティアの方々を対象に事前説明会を開催しました。当日、子どもたちの一緒にバッグを製作したり、街歩きをしたりしてくれる、重要な役割をになう方々です。

当日の役割・スケジュールの伝達はもちろんのこと、私たちの会の「インクルーシブ社会」をめざす活動の理念をお話ししました。また、障がいのあるお子さんの保護者さんにお子さんの特性や配慮してほしい事項について聞いています。それに関して、学生ボランティアのみなさんがグループごとに各自が担当するお子さんのサポートをどのように行うかを具体的に考えました。

ボランティアを募集するにあたって、当会ではとくに保育科、教育学科、福祉科の学生さんたちに重点的な声かけをしています。将来、障がいのある子どもたちに接する機会が多いだろう若い方々に、障がいのある子どもたちと実際にふれあってもらい理解を深めてほしいと願っているからです。インクルーシブ社会を担う若い人材の育成も私たちの活動のひとつです。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage
noimage
第7回福岡インクルーシブ教育研究会に参加しました
noimage
noimage
第4回共生教育シンポジウムのご案内
noimage
noimage
noimage
noimage
保育園・幼稚園で療育をー保育所等訪問支援ー
noimage
noimage
noimage
ハロウィンバッグをつくろう

Menu

HOME

TOP